デスクワークによる健康面のリスク

IT業界は、パソコンを使って仕事をするケースがほとんどと言っても過言ではない。中でもエンジニアはシステム開発の要でもあるため、作業中は常にパソコンと対峙していなければならない状況も時には出てくるだろう。座って仕事ができることは楽だと捉える人もいるかもしれないが、実際にはエンジニアは健康面でさまざまなリスクと隣り合わせの状況にあるのが実態だ。

例えば、長時間椅子に座り続けて同じ姿勢で仕事を続けるということは、当然身体を動かせていないことになる。運動不足によって、生活習慣病や肥満に繋がる大きなリスクになるだろう。適度に席を立ってストレッチをしたり、休み時間は少し外に出て散歩したりするなどの対策を取ることをおすすめする。また、パソコンの画面をずっと見ていることで、目の疲れやドライアイといった目の不調に見舞われるリスクもある。疲れを感じるようであれば、外の景色を眺めて目をリラックスさせたり、画面の輝度の設定などを見直して極力目が疲れないよう心がけよう。

そして、エンジニアといえばIT業界の中でも多忙な職種だ。タイトなスケジュールでの作業は上記のリスクも相まり、自身への強いストレスになる場合がある。システム開発時のプログラミングなどの作業も集中力が必要なため、いかに自身をケアしつつモチベーションを維持できるかが重要だ。忙しいからといって偏った食事で済ませてしまうと体調も壊しかねないため、睡眠も含めて規則正しい生活習慣を心がけて過ごすことを意識しておきたい。

2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031